TSUTAYAランキングで北斗が如くが初登場1位!任天堂を倒せるグリー田中社長の胸中は…など【ニュースピックアップ】

2018年4月14日

 管理人

ドーモ!ゲームやる屋さんNPのヌマです!

本日のゲームニュースピックアップです、まずはコチラ!

TSUTAYAゲームランキング

 管理人
1位は堂々の龍が如く…じゃない、北斗が如くですな!どうやらプレミアムエディションでは桐生さんになれるDLCが入っているとのこと…しかも音楽もTOUGH BOYと愛をとりもどせに出来る権利とか、良い意味でやばいですね(笑)
にしてもなんだかんだでswitchが凄いな、ずっとランクインですもんねー…スマブラが2018年のいつでるかわかりませんがまずはニンテンドーラボですかね?

パズルゲーム『ぷよぷよ』eスポーツ化 4月に優勝賞金100万円の大会実施

対戦アクションパズルゲーム『ぷよぷよ』が、一般社団法人日本eスポーツ連合(以下、JeSU)より「ジャパン・eスポーツ・プロライセンス」が発行される認定タイトルに決定した。4月には、プロライセンス取得選手による優勝賞金100万円を懸けた初の大会が開催される。
同ライセンスは、JeSUが認定したeスポーツ大会において上位者に付与されるほか、国内外で行われているeスポーツ大会での実績などを踏まえ、『ぷよぷよ』のIPホルダーであるセガゲームスからの推薦を通じて付与される。

 管理人
これは凄い!メジャーなタイトルがピックアップされれば認知度も上がってくるのでゲーム業界全体が潤うと思うんですよ、賞金が100万円ってところがどれくらいの規模の話なのかがわからないんですけどね…まぁそれよりも、セガはeスポーツに積極的で良いですね、なんか勢いがある気がする。

PS4版“ワンダと巨像”を手掛けた「Bluepoint Games」がさらに大規模なリマスターを進行中

God of WarやMetal Gear Solid、Titanfall、Unchartedなど、数々の移植やHDリマスターで知られ、今年2月上旬には“ワンダと巨像”の見事なリマスターを手掛けたオースティンのデベロッパ「Bluepoint Games」ですが、新たにスタジオのMarco Thrush社長がDigital Foundryのインタビューに応じ、既にBluepointが“ワンダと巨像”に続く新たなリマスタープロジェクトを進めていることが明らかになりました。

Marco Thrush社長は、“ワンダと巨像”リマスター開発がもたらした成長によって、BluepointのアートチームがフルAAAタイトルに求められる品質のアートコンテンツを生み出すことが可能になったと語り、次のステップとしてアート用のパイプライン改善やエンジンの増強、アーティスト向けのワークフロー改善、開発者の更なる雇用といった取り組みを挙げ、次回作のリマスターが“ワンダと巨像”を超える大規模なプロジェクトになると説明しています。

 管理人
何がリマスターされるかは今の所まだみたいです。(情報開示として)
個人的なところで言うと…デモンズソウルもしくはBluepoint Gamesさんが出来るかはわからないVR関連でリメイクして欲しいですねぇ…

「任天堂の倒し方、知ってますよ」騒動の真相は…グリー田中社長の胸の内

「任天堂の倒し方、知ってますよ」。ゲーム業界ではあまりにも有名な言葉だ。グリーの田中良和会長兼社長(41)が発言したとされ、インターネット上でグリーの業績が悪化した際などに「倒し方知ってるんじゃなかったのか」など揶揄(やゆ)されている。しかし、田中氏は「言ってないことなのでわざわざ『言ってない』という必要はないと思っていた」と述べるなど、真っ向から否定。子供時代に任天堂の家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ」で遊んだ“ファミコン少年”として任天堂への敬意や「倒し方」騒動への思いなどを語った。

「経営者として戒めないといけないと思ったのは、事実じゃないことを事実じゃないと言わなかったから、肯定しているように取られてしまったことだ」。

田中氏は「倒し方」発言が真実のように一人歩きしてしまった直後に否定しなかったことに、後悔の色を浮かべた。

 管理人
田中さんの言いたいことも一理ありますが…ぶっちゃけ撤回しなかったのが一番悪いですな。すぐ撤回すればこれだけ下がってからのバッシングというかここまで言われることはなかったんでしょうけど…そんな事思ってないからほっといたって…それはほっとくべきではなかったでしょうよ。これ今後も言われ続けますよ…そう思うと泣けてくるな(ノД`)

最後はコチラ

ドン・キホーテの50型4Kテレビがスペックアップして再登場、輝度やコントラスト比が向上

情熱価格 PLUSの4K液晶テレビがスペックアップして登場しました。
50インチサイズならではの圧倒的な迫力。
4Kテレビは、フルハイビジョンに比べて4倍の解像度をもっています。
細やかで鮮やか、そして深い色合いで映像を映し出し、その場にいるかのような臨場感で楽しめます。

本製品はソフトウェアを改善するほか、輝度が350cd/㎡から400cd/㎡に、コントラスト比が4000:1 から5000:1 にスペックアップしました。
加えて、音声最大出力が総合16Wから20Wに向上したことで、よりクリアで動きが滑らかな映像と迫力あるサウンドを実現しました。
また、引き続きダブルチューナーを搭載しており、USBハードディスク(別売)に番組を録画しながら、別の番組をお楽しみいただけます。

 管理人
三度登場ですね!前よりもスペックアップし再登場です、これは欲しいのですがいつも買えないんですよねー…

それでは、最後までお読み頂きありがとうございましたノシ

【ゲームやる屋さんNP】
少しでも気になった方、チャンネル登録お願いします!
[youtubeチャンネル登録]
https://goo.gl/XJTYuU

[Twitter]
https://twitter.com/SNAKE4610

[人気ブログランキング]

クリックして頂けると非常にありがたいです!