シン・エヴァンゲリオン劇場版:||(EVANGELION:3.0+1.0 THRICE UPON A TIME)の見てきた感想!(ネタバレなしver.)

映画・劇場版

シン・エヴァンゲリオン劇場版:||(EVANGELION:3.0+1.0 THRICE UPON A TIME)の見てきた感想!(ネタバレなしver.)


すみません、覚えてる内に一気になぐり書きしました!…それをむりくり編集したので言葉とか間違ってたり構成としてぐちゃぐちゃだったりしますがご了承ください。(読み直して、あとから直していきます)

後日ネタバレありの感想を出しますが、そちらは『映画を見た後』に御覧くださいませ。

また、今回ネタバレはしない感想なのですが、その反動で抽象的な言葉だらけになったり感情的な話になりますがお許しください…

では早速行きましょう!!

見てきた感想

シン・エヴァ見てきましたよ!

劇場に行ったら何やら説明書というか、なんでしょう…語句一覧みたいなものが貰えます。


※嫁さん分として2枚(2人分)貰えました

最初ポストカードだと思ったのですが、違いましたね。中を開けると二折の冊子になっていて中身を確認するとかなりのネタバレ冊子なので中開けても知らない人には見せないようにしましょうね!

さて。

結論から言うとですね、ネタバレは今回しないのでどうしても感情面を引き合いに出す形になるのですがその感情って意味ですと、『複雑な気持ち』になりましたね。

エヴァンゲリオンが終わるという悲しい感情エヴァンゲリオンとしての色々な謎が解き明かされ、伏線が回収されるというのを知れるまたはエヴァンゲリオン劇場版が公開されて嬉しいという感情もあり、嬉しくて悲しくもあり更に色んな事が知れるというのが入り混じり2時間半を超える映像を見ながら色々な感情が自分の中で渦巻きました。

とはいえ、シン・エヴァンゲリオンが公開されたことでモヤモヤしたものが一気に晴れたので感無量!!ってのは感じてます!さらに2時間半超えですけど時間はあっという間に過ぎましたがね!

で、内容に関しましては(ネタバレはしませんが!)映像の綺麗さ(画質じゃなくて)や演出の凄さは0706時のYouTubeの動画だったり様々なメディアや告知・イラスト・動画等で確認できると思うので、言わずもがなですよね。

とにかく序・破・Qと見てきた人、ヱヴァを見守ってきた人達は満足の行く内容なのではないでしょうか!!

朝に嫁さんと一緒に行って、映画が見終わった後最初の感想として嫁さんに伝えたのは『何見せられてるんだ、これ…』でしたね(笑)

と言うのもなんだか終盤あたりですが、旧劇場版を踏襲してるようなシーンがあり、ある意味エヴァンゲリオンシリーズ全体が補完されたような内容になっていたのが凄く良かったですね。

また、全てのキャラクターとして大小はありますが、見せ場もそれぞれにあり、ちゃんと皆が皆にスポットライトが当たってるのは優しく嬉しいものに仕上がってるなと感じました。

で、伏線の回収も勿論のこと、謎の解明もちゃんと行われており、恐らく1回見ただけではなかなか全てを解明する・理解するというのは難しいでしょうけど(自分がそう)1回見てこんだけ満足度が高い映画は珍しいなと思いました。

ただ…一つ思ったのは終盤の終盤で、とあるシーンが無理”やり”過ぎるかな?って思う所がありました…
それはまぁ誰かが考察もしくは公式か何かでいつか語られるとは思います…現時点でそこだけが納得行かないシーンかなと思いましたね(-_-;)

それ以外でも何個か『なんだこれ…なんだこれ…』と思いましたが、エヴァンゲリオンとして全体的に上手くまとまってましたしエヴァQから9年待った甲斐があったのかなと思いました。

また、これは僕的な思いや希望の類でもあるのでスルーの形でいいんですけど…なんとなくですがこれだけでエヴァンゲリオンが終わるとは思えないんですよね。

と言うのもマーケティング(ビジネス)的にこんなに素晴らしいIP(intellectual property)、要するに知的財産をほっとくわけ無いですし、また新たなエヴァンゲリオンが生まれるんじゃないかと思っていて、今回のシン・エヴァでエヴァンゲリオンが終了するというのはなくって庵野監督の『休憩』なんじゃないかと思っています(笑)

シン・エヴァの余韻といいますか、波みたいなものは当分続くとは思うのですが、落ち着いてから次の展開はあり得るかなと思いますがどうでしょうか?

まぁどう展開するかってのは全然わかりませんが、例えばTVシリーズのリファインだったり実写化(望むか望まないかは置いといて)だったりなどが考えられますね。

走りきった今はゆっくり休んでもらって(と言いながら、シン・ウルトラマンが控えてますが…)何年後かに新たなエヴァの展開、期待してますよ!

あ、最後に…ってあとがきで書くことかもしれませんが、めーっちゃ長いので飲み物を飲んだりとか食べる…のはまぁいいかもしれませんが、飲食は極力控えた方がいいかと思いますね。集中して欲しいって言う意味合いもあります。

シン・エヴァの冒頭12分10秒10コマはプライムビデオで観れます!※


※画像タップorクリックでプライムビデオにジャンプ
※3/21までの期間限定なのでご注意を。

Prime Video(プライムビデオ)なら数多くの映画やTV番組を いつでもどこでも, 楽しめます。
観たい何かがいつもある。プライム会員になれば、会員特典対象の作品が見放題。
あとがき

あ、そうそう。

誰かが、シン・エヴァのネタバレとか言って下記の投稿を(5chかな?)にしたらしいんですが…

シンジが式波とくっついて綾波も無事で父親とのわだかまりも溶けてユイもキョウコもエヴァから戻ってきてハッピーエンド

最後はその幸せそうな光景を眺める惣流アスカラングレーの後ろ姿で終激。
(包帯まみれなので旧劇後そのままの姿っぽい)

シンジの正体は実は旧劇のシンジだったんだが
シンジが自分の望む未来を叶えるために何度も世界を再構築してようやくたどり着いたのが新劇場版だったってわけ

シンジは幸せになったが、
最初のアスカ(シンジを突き放した惣流)を差し置いて
新たなアスカ(自分に優しくしてくれる式波)を作り出して
得た幸せだということがラストのラストで発覚するってわけ

シンジが世界を再構築するのを全面的にサポートしてくれたのが渚くんってわけ。

だから序で「今度こそ君だけは幸せにしてみせる」って渚くんが言ったわけ。

これは全くの大嘘なのでご注意を!

大事なのでもう一度言いますか…

これを書いたどアホは大嘘つきなのでご注意ください!!

『そんなわけ無いやろ』と思った自分の直感は合ってましたねΣ(゚Д゚)

こういう嘘を平気で言うのはどうかと思いますよね、恐らく寂しい人間なんでしょうね。
┐(´д`)┌ヤレヤレ

それでは、最後までお読み頂きありがとうございましたノシ


[Twitter]
ツイッターもやってるんでよろしければフォローお願いしますm(_ _)m
※フォローしていただければ記事の更新時にツイート(通知)しますので映画の記事レビューが見たいという方はフォローください!

↓↓↓↓↓

ぬまonTwitter


[stand.fm]
またstandFMもやっているので興味ある方はどうぞ!
※ビジネス書評や時々思ったこと、更に映画のこと、様々なレビューを語っています。

↓↓↓↓↓

ぬまたのラジオチャンネル(仮称)】(stand.fm)


この記事が良いと思ったら下記Like(いいね)ボタン押して頂けると管理人の励みになります!

↓↓↓↓↓

コメント