【映画】ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(EVANGELION:1.0 YOU ARE (NOT) ALONE.)の感想・レビュー

映画・劇場版

【映画】ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(EVANGELION:1.0 YOU ARE (NOT) ALONE.)の感想・レビュー


ドーモ!シン・エヴァのイオンシネマ予約争奪戦という勝負には勝ったのですが、0時の予約争奪試合には負けたぬま畑です!
※朝なら問題ないだろうというヤマカンは的中
※地方で平日の朝とかそりゃ皆仕事よね
※夜の争奪戦は泥仕合でした、確かに僕の負け。1時には寝ました

はい、今日は【『映画』ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序】のお話。

この記事を読んで頂ければ、ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序の見どころやあらすじ、どんな人にオススメなのか?というのがわかります。

エヴァンゲリオンのこれまでのストーリーを「リビルド(再構築)」し、更に新たな設定を付け加えたものが『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズであり、全部で4部構成となっています。

その第1部『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』を見た感想を語っていきますので是非とも最後までご覧ください。

早速行きましょう!

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序の総合評価

まずは総合評価から、★5点満点中…

5.0点!!!!

(゚∇゚ノノ”☆パチパチパチ~!!!!

そりゃ最高得点を叩き出すのは当たり前でしょう!

やはり比較としてTVシリーズを引き合いに出すんですけど、細かい部分で色々と変わっていて『あれ?このシーンってTVだとこんな感じだっけ…』とか『え?なんでそれをシンジに見せてるの』とか『ミサトは何故それ知ってるの?アダムと勘違いしてなかった?』等などディテールで違ったりします。※下記画像で紹介しています

序は再構築版と聞いていたので…って本当はリビルドではないとこの時は気づきませんでしたが…いや便宜上リビルドと言うものなんでしょうけど、破の後半から全くの別物になので構想とか着想で流れが変わったのかも知れません。

作っていく内にどんどん変わっていったのではないか?と推察します。

とにかく僕はこう思いました『めっちゃ映像キレイだし、もう一度あのトラウマ(旧劇場版)をこのキレイな映像で再度見ることになるのか…耐えられるかな、僕…』と序を見て当時は思ったのですが、破とQと続くにつれてTVシリーズとは異なりどんどん話が変わって行き、最終的には別物として見れる最高の作品となっています、むしろ別のトラウマを植え付けられるとは思いもよりませんでしたが(笑)

まぁそれは別のお話。

話を戻して総合評価として、もう本当に面白い、さすが庵野監督と言わざるを得ない作品だと思いましたね!

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序のあらすじ

そんなヱヴァンゲリヲン新劇場版:序、前半のあらすじはwikiから抜粋。

舞台は、総人口の半分が失われたという地球規模の大災害「セカンドインパクト」から15年後の世界。

主人公の碇シンジは、3年間会っていなかった父ゲンドウに呼び出され神奈川県第3新東京市にやって来るが、その途中、巨大な謎の生命体「使徒」(第4使徒)と国連軍との戦闘に巻き込まれる。

第3新東京市の地下空間「ジオフロント」に存在する国連直属の特務機関「NERV(ネルフ)」の最高司令であるゲンドウは、NERV本部に到着したシンジに、NERVが開発した汎用ヒト型決戦兵器・人造人間「エヴァンゲリオン」の一体、初号機を見せ、そのパイロットとなって使徒と戦うことを強いる。

シンジは出来るわけがないと拒むが、もう一人のパイロット・綾波レイの重傷を目にし、エヴァに乗ることを決める。

シンジは、エヴァ初号機を歩かせることに成功するが、2歩目で転んだところを第4使徒に捕まえられ、腕と頭部を破壊される。

しかし初号機は暴走を起こして使徒を圧倒、最後は使徒が自爆する。

出典:ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序wiki

これが前半のあらすじです、全文は上記リンクからどうぞ。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序の見所・良かったところ

では、ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序の見所/良かったところを○つ紹介します。

シンジが使徒の攻撃で大破したヘリが爆発しピンチになるんですが…

ミサト『お待たせっ☆!』

ミサトさん登場でシンジが助かります!
ここは見逃せない良いシーンでしょう!

『僕が乗ります!』と決意した瞬間

やられる初号機…しかし!




バーチャル戦闘訓練

TV版では初号機をそのまま使用していたんですけど、こういう細かいところでディテールが違うんですよね…見ていてTV版と比較をすると面白いです。

440mmガトリング砲

プログレッシブナイフ

EVA専用改造陽電子砲NERV仕様(ポジトロン・スナイパー・ライフル)

エヴァンゲリオン専用単独防御兵装(ENCHANTED SHIELD OF VIRTUE)

リリスをシンジに見せるミサト

目覚めるフィフスの少年…

『分かっているよ、あちらの少年が目覚め、概括の段階に入ったんだろう?』

『そうだ、死海文書外典は掟の書へと行を移した。契約の時は近い。』

『また3番目とはね。』

『変わらないな君は。会える時が楽しみだよ、碇シンジくん。』

びっくりですよね、色んな考察サイトやYouTube等で語られてますがシンジはループしてるとか旧劇場版からの続きなどなど全ては3/8(月)にわかる!?

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序で印象に残ったシーン

印象に残ったシーンは色々ありますがやはりヤシマ作戦でしょう!!

序の最大の見せ場であり、恐らくどの人に聞いてもヤシマ作戦と答えるのでは?

第6使徒の攻撃からシンジを守る綾波(零号機)!

照準が合い、エネルギーが充填されトリガーを引くシンジ(初号機)

笑えばいいと思うよ。

おまけ

ちょっとしたおまけで、見どころというより印象として残ったシーンが少しだけありまして、こちらですね。

ミサトがシンジを引き取ることになって自宅に招き入れたときの一幕。

氷…

つまみ…

ビールばっかし。

そしてペンペンがナニをじーっと見つめるシーン(笑)

そして…

そう、忘れてはならないS-DAT。
25と26をループしているという、EVAの25話26話のメタファーみたいなものらしいんですが…

真実はわかりませんが、シン・エヴァでもここらへんは語られないでしょうし、実際に見て読み取るしかないですね!

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序はこんなに人にオススメ!

実は見出しの『こんな人にオススメ』は3つの人を想像して書いているのですが、今回に限っては一言、『見ろ』ですね。…すみません、『見てください』ですね^^;

兎にも角にも絶対に損はしません、面白いから必ず見てください!

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序はプライムビデオの見放題で観れます!


※画像タップorクリックでプライムビデオにジャンプ

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序は今現在プライムビデオで見ることが可能です。

Prime Video(プライムビデオ)なら数多くの映画やTV番組を いつでもどこでも, 楽しめます。
観たい何かがいつもある。プライム会員になれば、会員特典対象の作品が見放題。
あとがき

いかがでしたでしょうか?

シン・エヴァで少し情報が。

どうやらプライムビデオで『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ同時視聴イベント開催される模様です。

Prime Videoプレゼンツ『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ同時視聴イベント開催!

『これまでのヱヴァンゲリヲン新劇場版+シン・エヴァンゲリオン劇場版 冒頭12分10秒10コマ』世界最速公開!

2021年3月5日(金)、6日(土)、7日(日)の3日間、Amazon Prime Videoの公式YouTubeチャンネルとtwitterにて『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序、:破、:Q』同時視聴イベントの開催が決定!

7日の『:Q』同時視聴イベント内では、2019年開催の冒頭上映イベント「0706作戦」で公開された映像に、新たに未公開部分を追加した『これまでのヱヴァンゲリヲン新劇場版+シン・エヴァンゲリオン劇場版 冒頭12分10秒10コマ』の公開も決定しました。

この冒頭映像は、Prime Videoの公式YouTubeチャンネルとtwitterにてライブ配信、カラー公式YouTubeチャンネルでもプレミア公開いたします。

さらに配信後にはPrime Videoにて2週間限定で見放題独占配信!

プライム会員の方なら、『これまでのヱヴァンゲリヲン新劇場版+シン・エヴァンゲリオン劇場版 冒頭12分10秒10コマ』を期間中何度でもお楽しみいただけます。

Prime Video
『これまでのヱヴァンゲリヲン新劇場版+シン・エヴァンゲリオン劇場版 冒頭12分10秒10コマ』
URL: https://www.amazon.co.jp/dp/B08XQG9V6T
2021年3月8日(月)0:30~3月21日(日)23:59 見放題独占配信
※当URLは2021年3月8日(月)0:30より有効となります。

全文はこちら:EVANGELION公式

とのこと、これも要チェックですね!!

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 Angel of Doom PV

それでは、最後までお読み頂きありがとうございましたノシ


[Twitter]
ツイッターもやってるんでよろしければフォローお願いしますm(_ _)m
※フォローしていただければ記事の更新時にツイート(通知)しますので映画の記事レビューが見たいという方はフォローください!

↓↓↓↓↓

ぬまonTwitter


[stand.fm]
またstandFMもやっているので興味ある方はどうぞ!
※ビジネス書評や時々思ったこと、更に映画のこと、様々なレビューを語っています。

↓↓↓↓↓

ぬまたのラジオチャンネル(仮称)】(stand.fm)


この記事が良いと思ったら下記Like(いいね)ボタン押して頂けると管理人の励みになります!

↓↓↓↓↓

コメント