ディズニープラスで配信中のエージェント・カーターの感想・レビュー※少しネタバレ含みます

ディズニー

ディズニープラスで配信中のエージェント・カーターの感想・レビュー※少しネタバレ含みます


ドーモ!エージェントに憧れていつも命がけの戦いを妄想してそれに浸っているぬま社長です!

S.H.I.E.L.D.(戦略国土調停補強配備局)!!

はい、ということで今日はS.H.I.E.L.D.とはあまり関係がない・・・わけでもないのですが、MARVEL作品の一つ【エージェント・カーター】についてのレビューをしようと思います。

早速結論から行きます!
エージェント・カーターが好きな人、本当にごめんなさい!!m(_ _)m
ぶっちゃけると、『面白くない!むしろ面白いところ教えてくれ!』です…

すみませんいきなり…厳密に言うとシーズン1は結構面白いんです、引き込まれる内容なのですがシーズン2の落胆ぶりが半端ないんです!!
まるでプリズン・ブレイクのシーズン2を見ているような…※おっとプリズン・ブレイクの話はそこまでだ!

コホンッ。

では深堀りの前にエージェント・カーターってそもそも何っていうのと、その概要を少しだけ語っていきます。

エージェント・カーターって?

そもそもエージェント・カーターって何?ってところですが、まぁここにたどり着いた人は少なからず「ペギー・カーター」を知ってるはずなので不要かもしれませんが…
でも一応wikiから抜粋しておきます。

『エージェント・カーター』(Marvel’s Agent Carter, またはAgent Carter)は、クリストファー・マルクスとスティーヴン・マクフィーリーが映画『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』と『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』、並びに短編映画『エージェント・カーター(英語版)』に触発されてABCで企画したアメリカ合衆国のテレビドラマである。 マーベル・シネマティック・ユニバースに属する映画作品群と世界観を共有している。

シリーズは映画に引き続いてヘイリー・アトウェルが演じるマーベルコミックスのキャラクターのペギー・カーターが中心となり、1940年代のアメリカで独身女性として生涯を過ごそうとした際にハワード・スターク(英語版)の秘密任務に赴く彼女が描かれる。シリーズでは彼女の他にもマーベル・シネマティック・ユニバース出身のキャラクターが登場する。製作はABCスタジオとマーベル・テレビジョンが務め、タラ・バターズとミシェル・ファゼカスがショーランナーを務める。

第1シーズンは2015年1月6日から2月24日までに全8話、第2シーズン(英語版)は2016年1月19日までに全10話が、いずれも『エージェント・オブ・シールド』の休止期間中に放送された。シリーズは批評家には高評価されたものの視聴率が伸び悩み、2016年5月12日にABCより第2シーズン限りでの終了が発表された

全文は以下
エージェント・カーターwiki

ただ、やっぱwiki見ると新しい発見があっていいですね!
Wikiをみて知ったんですが、エージェント・カーターってエージェント・オブ・シールドの休止期間中に放映されていたんですねぇ…知らなかった。

そこで思ったのは、なら尚の事盛り上げるために3:4:3の法則になぞって3は確実に取るとして、4を引き込む施策を行うべきだったと思うんですがね…

と、とにかく概要を語ります、どうぞ!!

概要

何が「面白くない」となっているか?を深堀りしていく前に概要を少しだけ。

先日日本でディズニープラスのVODサービスが開始されましたね!

その中にはDISNEYPIXARMARVELSTARWARS、それとNATIONALGEOGRAPHICの5の種類があり、今回はその中のMARVELからエージェント・カーターをピックアップした所存。

MARVELと言えばMCU(Marvel Cinematic Universe)であり、アイアンマンから始まって最近だとアベンジャーズ/エンドゲームで世界中が盛り上がりを見せ、更に今年公開(2020/11/6)のブラック・ウィドウまで合わせると実に24作品もの映画がMCUの手で作られました。

実はそんなMCU作品は映画だけにとどまらず、海外ドラマとしても制作を行っています。

MCUテレビドラマシリーズ

今の所テレビドラマシリーズとしては…

テレビドラマシリーズ

・ABC制作
『エージェント・オブ・シールド』(2013年〜2020年)
『エージェント・カーター』(2015年〜2016年)
『インヒューマンズ』(2017年)

・Netflix制作
『デアデビル』(2015年〜2018年)
『ジェシカ・ジョーンズ』(2015年〜2019年)
『ルーク・ケイジ』(2016年〜2018年)
『アイアン・フィスト』(2017年〜2018年)
『ザ・ディフェンダーズ』(2017年)
『パニッシャー』(2017年〜2019年)

・Hulu制作
『ランナウェイズ』(2017年〜2019年)
『Marvel’s Helstrom (原題)』(2020年予定)

・フリーフォーム制作
『クローク&ダガー (テレビドラマ)』(2018年〜2019年)

・Disney+制作
以下の作品はドラマシリーズとしては初めて「フェーズ4」に含まれている。
『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』(2020年8月予定)
『ワンダヴィジョン』(2020年予定)
『ロキ』(2021年初旬予定)
『What If…?(原題)』[6](2021年夏予定)
『Hawkeye(原題)』(2021年秋予定)
『Ms.MARVEL(原題)』(配信時期未定)
『MOON KNIGHT(原題)』(配信時期未定)
『SHE HULK(原題)』(配信時期未定)

全文は以下
マーベル・シネマティック・ユニバース

なんとドラマとしては20作品もあるんですよね!!(知らなかった~)

で、今現在ディズニープラスで配信されているのは…

ランナウェイズ
エージェント・オブ・シールド
エージェント・カーター
インヒューマンズ

の4作品ですね。

そしてそしてやっと本題に入りますが、(長いよ!)その中からエージェント・カーターについて最初に語った結論の真意について話していきます!

面白くない!むしろ面白いところ教えてくれ!の真意

さて結論をもう一度言いますが、『面白くない!むしろ面白いところ教えてくれ!』と。

シーズン1はキャプテン・アメリカの血液を絡めて映画キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャーの続きとして、もちろんスピンオフの要素も絡めて素晴らしいバランスだったなぁと思ったのも束の間。

その余韻もほぼなく、このシーズン2になって一気に面白くなくなるという…これは恐らくですが、制作陣と視聴者…と言うか管理人ですね、すみません(^_^;)
視聴者としての総意としてはダメですよね、いち視聴者(管理人)とその制作陣との認識のズレがあるから面白くなくなったのではないのかな?と推察。

ここからは管理人が思った、”こうだからつまらなくなったのかな?”という妄想・妄言を話していきます。
今後エージェント・カーターを見るって人は参考にしてください。
ただ…何回も言いますが、エージェント・カーターが好きな人はホンマごめんなさい。
随所随所は面白いんですがねぇ…┐(´д`)┌

つまらない理由

いきなりですが、制作陣は勘違いをしていたのかもしれません。
比較対象としてやはり同じドラマシリーズであるエージェント・オブ・シールドを引き合いに出してしまうのですが、エージェント・オブ・シールドは最初、映画の内容を絡めつつシーズン3あたりまでは随所に映画の要素(MCU映画)が散りばめられてました。

しかし回を重ねるごとに各キャラクターたちに人気が出てきて、映画を絡めなくてもオリジナリティあふれる作品として制作できるようになり、ある意味独り立ちをした結果、大人気となりました。

ただ、今回の焦点であるエージェント・カーターの制作陣は何を思ったのか、というより勘違いを起こした可能性があります。

管理人はやはり最初としてはMCUの繋がりをエージェント・カーターに見出していたんですが、制作陣はエージェント・オブ・シールドの成功を受けてオリジナリティな作品としてエージェント・カーターを作成していったのかなと。

それがエージェント・カーターをつまらなくしている最もたる要因ですね。
(※制作陣の真意はどうあれ管理人の妄言なので気にしないでください)

管理人はMCU作品として見ているのに映画のキャラクターはほぼ出てこず、名前さえも全然(主人公のペギー・カーターとハワード・スタークは置いといて)出ることはなく、淡々とその時起こった事件を解決していく流れなのですが、魅力的なキャラクターもほぼ出てこないし、シーズン2なんかはキャプテン・アメリカの「ア」の字も出てこない、それぞれのMCU映画のキーアイテムさえも一切でてきません。

まぁ強いて言うなら「ジャーヴィス」という名前が出てきたりシーズン1の最後には「ゾラ」が出てきたり、中にはハウリングコマンドーズが出てきたり『おぉっ!?』って言う場面はあるもののシーズン2からガラッとつまらなくなるんですよね…

あ、いや…実はつまらないと言いながら海外ドラマ特有の面白さってわかりますかね?
息もつかせぬあのバン!バン!バン!と事件が起こっては解決し、起こっては解決しという面白さ、あれは健在なのですが…何ていうか、それだけなんですよね…(-_-;)

海外ドラマとしてみると普通に面白いのですが、MCU作品として見るとつまらないんですよね。(何回も何回も言いますがエージェント・カーター好きな人ホンマごめんなさい…)

あとがき

はい、というわけでエージェント・カーターでした。
面白くないと言いつつもシーズン1ではかなりいい作品だと思いましたし、「お!」ってシーンも随所に散りばめられていてかなり良かったのにその路線で行くべきがシーズン2でこんな体たらく…

オリジナルを仕掛けるのが早かったのかな~なんて思いました。

恐らくシーズン3をやろうとしても大コケするんじゃないかなって思ってて、それならこのまま何もしようとはせず、違うものに予算を使ったほうがいいのでは?とさえ思っています。

しかもシーズン3の構想がこれがまた眠たくなるような内容で…エージェント・カーターが好きな人はテンション上がるのかもしれませんが、自分はもうお腹いっぱいになっちゃいました(-_-;)

さぁ気を取り直して、ディズニープラスはエージェント・カーターだけではありません!管理人推しのエージェント・オブ・シールドがあります!これは見る価値ありなので是非とも見ていただきたい!近々レビューも予定していますのでそちらもぜひ御覧くださいね!

それでは、最後までお読み頂きありがとうございましたノシ


[Twitter]
ぬまonTwitter

コメント