【初心者必見】ホームページ開設したい場合の注意点と開設方法の解説:概要編

パソコン(PC)

【初心者必見】ホームページ開設したい場合の注意点と開設方法の解説:概要編


ドーモ!今でもぬま『社長』という肩書に常々違和感があり、嫁さんに新しい肩書を考えてもらっているぬま社長(仮)です!

※一回嫁さんが良いのが思いついてたみたいなんですけどね!(まだか)

はい、ということで今日はホームページ(以下HP)の作り方というテーマで話していこうと思います。

今回はHPの開設の方法ということで言語の書き方等の細かい部分は省きます、HTMLはこうでこうでPHPはこうでこうでWordPressはこうでこうで…と説明していくとここでは収まりきれないので…

webプログラミングやマークアップ、時々組み込み系をなんやかんやで6~7年やってまして、それなりに知識はあり、得意分野ってわけでもないのですが解説をすることが出来るのか?ってことで自分で開設の仕方、HPを作れる誰かへの頼み方、探し方(これは需要ないですかね?)辺りを話していきます。

今回は開設の解説ですね…なんかいいですね、かいせつのかいせつ。

すみません。

解説の前に、これだけは断言しておきます。

HPに集客効果はないのでそこだけは押さえておいてください、これは断言します。

集客として使うのはHPでは難しいですのでその点を踏まえてHP開設をお考えください。

よく『HP開設したいんです!』って相談されるのですが、その「開設したいな」という思いってぶっちゃけ過信です、むしろHPを過信し過ぎてます!

HPとして本来の目的を知っているのであれば開設するのは全く問題ないのですが、集客として見るのであればそれはお門違いというかビジネスとしての施策が必要になってくるので集客したい場合はどっかSEOを担っている会社やwebマーケ会社とかに頼んでみてくださいこういう感じになると思います。

『集客したいんや!』→『わかりました100万円です!!』→『なにぃ!ひゃ、百万だとぉ!』

みたいな形ですね。

これは余談ですが、某有名時間切り売りサイトもしくはスキル切り売りサイト、フリーランス御用達の請負サイト等にある5~10万円程の『SEO対策します、請け負います』は何の役にも立たないって思ってます。というかその値段は内容的にボッタクリですね。
お願いしてもネットや今ではYouTube等で得られるSEOについての情報ですので5~10万円がもったいないです。
5~10万円で手に入れられるSEOの情報なんてたかが知れてるので気をつけてください。

最低でも50万(もしくはそれ以上)くらい払わないと上位表示なんてものは無理です。

期間もどんなに凄腕でも最低3ヶ月ないし半年はかかります、その分野で検索上位を取るのは…

結局はブログと同じでサイトも積み重ねであり、ドメイン(サイトと言うかもしれません)を育てることが大前提なので、そういう小遣い稼ぎをしてるような人たちに騙されないでくださいね。

5万~10万はそこらへんのネットに落ちてる情報を組み込むだけなので自分自身でも出来ると思います。
勿論どこに組み込むかSEOはどうすればいいかもいっぱいネット上に落ちてます。

マナブさんのSEOの記事やバズ部さんのこれまたSEOの記事を実践すれば上位表示も夢ではないです、この2つのサイトはどっちかいうとブログファーストで書かれてますがもちろんHPでも応用可能ですね。

SEO対策の完全マップ【入門・基礎・中級・上級:16記事で解説】

SEOとは?最短で成果を出すために必要な知識と実践方法の全て

さて、本題ですが…HP(ホームページ)というのは見てくれる方にこのサイトはどういうもので、もし何かサービスや商品を提供しているのであればそのサービスをわかりやすく伝えるための手段です。

上記を踏まえての集客と言う形です。

HPを作ったからと言って人がガンガン集まるわけでもなく、見ていただいて個人であればその人がどういう人のなのか、会社ならどういう会社なのか、サービスはどんな物があるのか、商品はどういう商品があるのか?それを伝えるためのものなので勘違いしないようにしてください。

重要なことなので再度お伝えしますが、集客効果としては皆無なのでこれからHPを開設したいという方はHPだけでは単体でどうこうできるものではないよって言う老婆心からのアドバイスでした。

では本題へ行きます!(長かったですね、すみません…)

開設として方法はいくつかありますが大きく分けては種類として2つ。

HTMLを使った開設

HTMLを使った開設

自分で開設する場合は方法としては色々ありますが、HPといえばHTML(ハイパーテキストマークアップランゲージ)というマークアップ言語と呼ばれるものがありまして、そのファイルを作りサーバーを借りてそのHTMLファイルを置くことでサイトとして開設出来るのでそれが1つ。

WordPressを使った開設

WordPressを使った開設

次にもう一つは最近流行りのブログ特化型のオープンソース、WordPressと呼ばれるサービスを、これまたサーバーを借りてインストールして使用し、サイト用のテーマを変えることでHPとして運用可能です。

結局はWordPressでOK

結局はWordPressでOK

ざっくりとしてはこの2つです、楽なのは後者ですね。

自由度としては自分で作成しHTMLファイルを用意する前者のが圧倒的に高いですが、まずマークアップ言語(HTML)を多少なりとも覚えないと作成なんて出来ませんので初心者としてはハードルが少し高めです。

なのでおすすめはWordPressで作成したほうが楽ですし、テーマを変えることで自分の好きなように作成することができるのでおすすめです。

ただ、これも懸念点があってHTMLといいますか『タグ』と呼ばれる<>でページの要素名(タグ名)を囲っているものがあるのですがそれを少しでも知っているとスムーズに色々と作業できます。

では実際に開設はどうするべきか?

ドメインについて

ドメインについて

まずはサーバー探し…と言いたいんですが、実はドメインから行きます。
要するにそのサイトのURL(アドレス)になる部分です。

ちなみにドメインとは↓↓↓↓↓

ドメインとは…

全体の中に定義される部分領域。
特に、インターネット上に定められた部分領域を言う。
ネット上の住所に当たる。

そのドメイン名を決めておかないとサーバーとしてインターネット上に場所は借りたけど、借りただけとなり名前がない状態なので検索されようにもヒットしない!なんてことになります。

なのでまずは名前をアルファベットで考えてください。

会社名をアルファベットでもいいです、メインとしてサービスや商品を出していくのであればそれをアルファベットにして全て小文字で設定します。

ここのサイトであればもともとゲームやる屋さんって名前で活動していたので…

ゲームやる屋さん → game-yaruyasan

って感じ。(ゲームやる屋さんって実は名残です)

そこから.comや.jpや.netを付けてドメインの取得となります。

中には、例えばビジネスと取得しようとしてbusiness.comで登録しても既に使われていたり、わかりやすいやつはほぼ全て使われているので足したり(business-yaruyasan.com)、数字も使えるので数字を足したり(business001.com)どこかの文字を数字にしたり(bu5iness.com)などなどやり方は様々。

これはあまり当てにならないし、管理人の体感なので聞き流してOKではあるのですが、最近アドレスとしての検索自体が曖昧な気がしていてドメインがなくてもHPとしての中身がしっかりしていれば別にアドレス(ドメイン)が初期のもの(サーバーを借りたらそのサーバーの初期ドメインが付与されます)でも問題ないのかなって思ってますが正直検証していないのでわかりません…

ただ、ひょっとしたら先程言ったドメイン(サイト)を育てるのに初期のドメインだとドメインパワーが育たないかもしれません。

※かなり曖昧ですが、ここらへんを詳しく書いてあるサイト、時間あったら探しておきます。

さて、ドメイン取得も「ドメイン取得のためのサイト」ってのは複数ありますが、一番有名なのが【お名前ドットコム】と言うところですね。

一度ドメイン取得で検索してみてください、結構色々あります。

・お名前.com
・ムームードメイン
・エックスドメイン
etcetc

サーバーについて

サーバーについて

ただ、ドメイン取得を先に言いましたがちょっと待ってください!

サーバーを借りる際にキャンペーンで『サーバーを借りたらプレゼントドメイン』とかっていうサーバーにドメインが一個付与されるみたいなサービスをやってたりするので特殊な運用、例えば複数サイトを持つとかメールの運用だけに使うとかではない限り、サーバー借りるだけで良いかもしれません!

ちなみにサーバーとは↓↓↓↓↓

サーバーとは…

サービスを提供するソフトウェア、あるいはその機能が稼働しているコンピュータのことである。コンピュータ分野のクライアントサーバモデルでは、クライアントからの要求に対して情報や処理結果を提供する機能を果たす側を指す。

さて、サーバー選びですが…これも色々なサーバーレンタル会社があります。

経験上安心・安全・簡単に運用するのであればXサーバー一択ですね。

他社と比べるとほんのちょっと高いですが、安心・安全・簡単に出来るのはXサーバーやと思います。

XサーバーVSさくらサーバー

ちなみに、今見ているこのブログ記事は実はさくらサーバーで運営しています。

なんでさくらサーバーで運用しているにも関わらずXサーバーを推すかというと、今働いている会社で複数サイトをXサーバーで運用しているのですが、やはり違いを比べてみた時にXサーバーの方が圧倒的に使いやすいんですよね…最近料金を払っちゃったので来年移行しますが。

さらにもう一個さくらサーバーを選んだ理由としてその当時、いちばんやさしい〇〇の教本シリーズって知っていますか?

その1つにWordPressの教本があってその本にさくらサーバーが書かれていたので、『じゃあさくらサーバーだ!!』ってやったらトラブルだらけで…例えばSSLの設定がうまく行かない時があったり設定も複雑でサイトにアクセスできないみたいなこともありました。(※経験値不足もありました)

サイトにアクセスできない期間が半年ほど…本当に無駄にしたなぁ…と公式が出している説明もわかりにくいですし、てんやわんやでした(笑)

今はなんとかなってますが、その時Xサーバーのこと知っていたら間違いなくさくらサーバーは選んでいなかったですね(笑)

さらにさらにちょっとした昔話ですが、さくらサーバーでは一部の型番?が古いPCを使用していたらしくサーバーのPHPのバーションを上げるとフォントがおかしくなりサーバー自体がそのPHPに対応していないみたいなことがありました…昔からWordPressと相性が良くなかったみたいですが、まぁ今では解消されてるようです。

少しずれてしまいましたがとにかく、Xサーバー推しです。

サーバー料金

一応どちらの料金も書いておきます。

Xサーバー

さくらサーバー

料金として大きな違いとしてXサーバーは初期費用がかかってくるってところですね。
プレゼントドメインを常にしているので、ある意味その料金が含まれてるのかも?

長い目で見たらXサーバー一択のような気がします。

次に…

ちょっと長くなってきて、12時更新がもう4時間が経過しようとしているのでこの辺で…(^_^;)

次回はここからさらに深堀りしていこうと思います。

今回あとがきはなし!

それでは、最後までお読み頂きありがとうございましたノシ


[Twitter]
ツイッターもやってるんでよろしければフォローお願いしますm(_ _)m

↓↓↓↓↓

ぬまonTwitter


[stand.fm]
またstandFMもやっているので興味ある方はどうぞ

↓↓↓↓↓

ぬまたのラジオチャンネル(仮称)


この記事が良いと思ったら下記Like(いいね)ボタン押して頂けると管理人の励みになります!

↓↓↓↓↓

0

コメント