週40時間の自由をつくる[超時間術](著・メンタリストDaiGo)を読んでの感想、うーんどうなの?時間ってより不安解消本かな?

メンタリストDaiGo


ドーモ!ゲームやる屋さんNPのヌマです!

今日は読んだ本の感想をつらつら書いていこうと思います。

それがこちら!

週40時間の自由をつくる[超時間術](著・メンタリストDaiGo)

昨日今日かけて読んでみました。
感想としてはまぁ普通でしたねぇ…というか自分にこの本は合わないのかもしれない(-_-;)
因みにAmazonのレビューでは☆4.5でかなり良いってレビューだらけですな。
やはり本のレビューは信用ならない!(※あくまで個人の感想です)

さて、この本には巷で溢れてるような時間術のテクニックが書かれてるわけではなく、世界中で集められた研究データをもとにDaiGoさんの視点で心理的にも物理的にも自由な時間を作れるようにしようと書かれた時間術の本となっております。

ぶっちゃけこれを読んで『週40時間の自由な時間』を作れるか?となると疑問が浮かびますな。
ではこの本、実際の内容は?っていいますと…実は内容としてはすごく面白いんですよ!

まずは「はじめに」と「おわりに」がものすごく短い!本人さんがyoutube等々で『この本の言う自由な時間を作るってうたってるので、ダラダラとはじめにとおわりにを長くせず短く終わらせてます』と言ってました、世の中にあふれている色々な時間関連本にはない潔さがありますな。
それと、現代人の食いつぶされてる時間を色んなデータを照らし合わせてバッサリ切るという冒頭での掴みも良いと思います、データの照らし合わせなので説得力もありますしね。

ただ…なんでしょうねー…本を読み進めるごとに具体例も書かれてて具体的なテクニックも書かれているのですが、それをやって自由な時間が本当に生まれるの?って思ってしまうこのもどかしさ…内容として面白いのに実際にやろうとする気力が起きる仕組みがこの本にはないんですよね…まぁそりゃあ当たり前、なんせこの本は時間術の本なのでやる気を出す本は他にどうぞっていうことなのでしょう、ソレが本質ではないですからね。

とにかく、この本を要約すると…時間がないってのは勘違いだ!それは不安からくる焦り、その不安や焦りを払拭すれば時間が出来るよ!ってことが書かれています。
なのでこの本は不安や焦りをなくすべく出された本と言っても過言ではない、なので時間術と言ってはいますが、実は不安解消本なのでは?って感じすかね。

うーん…時間への焦りってのは不安からくるものかもしれませんけど、ならその不安を取り除けば時間は出来るのかっていうと…?ですねぇ。
そこが引っかかるところなんですよね、今の自分だとわからない…面白い本ではあるのですが、時間術としての本だとすると、星2つくらいかなって思います。
ただ、不安を解消したい!って場合には星4つの出来ですな!上でも書きましたが、具体例と具体的なテクニックが載っているので実践もしやすいのがかなり良いです。
自分としては中でも第2章のリフレーミング、第3章の○秒コースと短い○分コースが結構役に立つかと。

先にも言いましたが時間をどうにかしたいのではなく不安を解消したいって場合この本を手にとって見るのもいいかもしれません。


週40時間の自由をつくる[超時間術](著・メンタリストDaiGo)

最後までお読み頂きありがとうございましたノシ

【ゲームやる屋さんNP】
少しでも気になった方、チャンネル登録お願いします!
[youtubeチャンネル登録]
https://goo.gl/XJTYuU

[Twitter]
https://twitter.com/SNAKE4610

[人気ブログランキング]

クリックして頂けると非常にありがたいです!

関連記事

  1. ここ一週間の買ったものの振り返り、良いもの悪いもの。そして秋の紅葉が段々と!

  2. 本日は番外編、三宮にあるcafe.shuu (カフェ シュウ)さんの所へ行ってきました!美味しいサンドイッチにチーズフォンデュ、デザートも最高!

  3. 若者のPCスキル低下について、うーん、コスト云々言ってる時点でどうなの?【ニュースピックアップ】

  4. 午後の紅茶+Pockymidi=??等々、二つの異なるモノを組み合わせると1つのものに完成する作品をご紹介!Part1

  5. 本日は買ってきた戦利品をご紹介、グランツーリスモスポーツとキングダム48巻、何故かユニバーサルユニットのクスィーガンダムが混じってるカオスな面々

  6. 今回は趣向を変えて役に立ったなと思う動画をご紹介、クリス・モンセンの『仕事辞めたい!入社3年以内で辞めていい理由が見るとわかるよ!』について

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)