コトブキヤ・D-STYLEのガオガイガーとガオファイガーを組み立ててみたのでレビュー・感想です!

D-STYLE

コトブキヤ・D-STYLEのガオガイガーとガオファイガーを組み立ててみたのでレビュー・感想です!


ドーモ!
お前たちがGGGを封じようとしたのも!
Gクリスタルに近づけなかったのも!
ガオファイガーを孤立させたのも!
俺たちの地球に、直接攻撃にこなかったのも!
すべては、お前らが恐れていたからだ!
Gストーンの力を高め、ラウドGストーンの力を超える、
勇気から生まれる、このエネルギーを!
と、常々勇気を高めている神薙伸です!

光になれぇぇぇ!!

勇者王誕生! 集大成神話ver. Full

今回はちょっと気になるアイテムが前々からあり、買う気はなかったんですけど手元に臨時収入があったため購入。

D-STYLEのガオファイガーガオガイガーです

ただ!正直!このジャンル(プラモ)ではかなりのにわかでして…
がっぷり好き過ぎてってわけでもなく、なんとなくで作ってみた結果…
これが途方も無くかっこよかったんで思わずレビューをば。

まぁ前々からガオガイガー自体は好きだったんですけどね(–

ここで少し余談にはなるのですがアニメ・ガオガイガーの感想を少しだけ。

どうやら天海護がギャレオンとともに宇宙へ旅立った(TVシリーズ)が
地球の脅威は払拭されず、GGGが導き出した結果
『それなら地球製ガオガイガーを作る』
との事で開発されたのがガオファイガー
別名ファイティング・ガオガイガー。(OVA)
元は緑の星の技術で、そこで培われた技術力ではあるものの、約1年半くらい?でギャレオン並のロボを作ってしまうGGGの技術の進歩がホンマに凄いなぁ、と…

コホンッ…それはさておき、早速感想レビューをしていきます。
まずはファントムガオーとギャレオン。

デフォルメでここまで再現出来るのは凄い、本当に素晴らしい…
コトブキヤのD-STYLE開発部の技術力も半端ないなと実感。

そしてフュージョン!
ガオファーとガイガー。

どちらも可愛い身体に凛々しい顔がとってもシュール!
このフォルムで自立し、稼動範囲も結構あるのが本当に凄い。

次はドリルガオーⅡとドリルガオー。

同じように見えますが、実は新旧でディテールが違ったりしています。
ドリルは勿論のこと排気口?があったり、Ⅱの方が少しゴツかったりとこれを作った人の愛を感じますな。

次はライナーガオーⅡとライナーガオー。

これはもう全然違うモデルですね(笑)
Ⅰは500系新幹線のぞみがモデル。
Ⅱは完全オリジナルですかね?…なんか潜水艦のように見えますが…。
でもモデル的にはロケット型らしいんですよねー、びっくりですΣ(゚Д゚)
ってかⅡはライナーじゃ無い気も(笑)
…あ、ガオファーの身体の中を通る時はライナーっぽいですがね…

次はステルスガオーⅢとステルスガオー。

これも違いは無いようで実は細かい部分が違ったりします。
まぁ内容的にも新造されたウルテクエンジンだったりウイング展開のギミックだったりと面白い経緯があるんですが、書いていくと長いので今回は割愛(笑)

Ⅱは「スターガオガイガーキット」もしくは「ゴルディー&ステルスガオーⅡキット」についてきます、なので今回はそこらへん割愛。
持ってはいるんですけどね…

そしてファイナル・フュージョン!

こうして並べるとディテールどころか全然違う別物、しかも甲乙つけがたくどっちもいいなぁと。
ガオファイガーは地球製のガオガイガー!

初代ガオガイガーは緑の星と地球とのハイブリッドガオガイガー!

ガオガイガーFINALで語られてはいない?のですがギャレオンはその強過ぎる力を封印してTVシリーズでは戦っていたんですよね、もしフルパワーで戦っていたらZマスターその他なんて楽勝だったんでしょうけど、ここらへんが面白い設定だなと。

とりあえず自分が思うようにちょこちょこ色塗って
ちょっとずつ完成に近づけていこうと思います…

そういえばガンダムマーカーをセットしてスプレーにできる製品が近日発売らしいですね?

それが発売されたら本格的に勉強してみても面白いかも(´ε` )

最後までお読み頂きありがとうございました。

それではノシ


[Twitter]
https://twitter.com/SNAKE4610

コメント

タイトルとURLをコピーしました